びん沼川へブラックバス釣りに行ってきた!

どうも、ドン次郎です。

2018年11月25日(日)の釣行記です。

びん沼川へブラックバス釣りに行ってきました。

埼玉県富士見市に流れるびん沼川。

ブラックバス釣り不毛の地、埼玉県。

そんな中でも、本格的なブラックバス釣りを楽しめるフィールドとあってなかなかの人気フィールドです。

ヘラ釣りではかなり有名な所みたいで、平日、休日問わずたくさんのヘラ師が竿を出しています。ブラックバス釣りでいう、「琵琶湖」みたいな感じですかね。

16時頃になるとヘラ師の方々が続々と竿じまいし、ヘラ台が空いてきますので、チャンスタイムは夕方となります。

しかし、チャンスタイムでもなかなか素直に釣れてくれないのが埼玉フィールドの特徴。

ムズイです、、 釣れねーです、、今年は大小含めて、5~6匹位だったかな。

少ないです、、下手なんです、、。

本格的にびん沼川を通うようになったのは、今年から(2018年シーズン~)ホーム(荒川下流域フィールド)でいつも会うおじさん達(以後、警備隊)と仲良くなり、一緒に遊ぶようになってからです。おじさん達、本当に良く釣るんですよ。もう嫌になるくらい、、、。

今回は、警備隊の一員である【専務】と一緒に釣りです。

専務はスモラバ(スモールラバージグの略)の名手。

本当にスモラバで良く釣るおじさんです。

「スモラバ最強ぉ~」が最近の口癖なおじさんです。

まずは駐車に車を止め、対岸ヘラ台周辺のカバーへ移動します。

ポイントに向かい歩いていると若干肌寒です。

秋めいてきましたね~。

ハイシーズン(ブラックバス釣りのシーズンは一般的に3月~10月と言われています)で実績があるポイントを、ある程度時間を掛けながら丁寧に私はフリックシェイク(ノーシンカーワキーリグ)を落としていきます。

数か所ある実績ポイントにルアーを投げましたが、全くの無反応。

ギルのあたりすらありません。

これはまずい展開と感じながらポイントを移動。

移動後、ヘラ師とヘラ師の間にあライトカバー、ストレッチ、ヘラ台を打ち流すも全く反応なし。「シャロ―カバー(浅瀬の障害物)にはもういないかも!」と専務の考察。

ただ、初夏~真夏にライトカバーでいい思いをしてしまっているので、なかなかシャロ―が捨て切れません。

下流側!?にある水門をめざし、ひたすら打って行きますが、二人とも「何もねぇ―」な状況。突破口が全く見出せません。

甘くない、、さすがびん沼、、。

ブラックバスの適水温は(22℃~27℃)と言われてます。

若干水温が下がったとは言え、まだまだ20℃近くはあるはず(計り忘れました)

こうも、状況が変わるとは、、さすが、びん沼、甘くないです、、。

夏に大きなインレットとなる水門でシャッドを投げまくるも、ぜんぜんダメ!もう、完全に敗北です。

そんな状況下をものともしないで、常に一匹は釣る専務も「ダメだね~」とお手上げのお様子。

暗くなる時間まで粘りましたが撃沈。

二人でとぼとぼ駐車場へ歩いて帰りました。

今回のタックル

ロッド:アブガルシア(アブ)クロスフィールド‎XRFC-654ML-BF-MB(パックロッド)

リール:シマノ ベイトリール 13 メタニウム HG LEFT (左) 夢屋スプール装着

ライン:フロロカーボン10lb

最近、唯一のMLベイトロッドを放出してしまったので、電車県外警備(遠征用)のパックロッドしかないんですよね。軽い巻物、ワームを使った比較的かるいリグを併用する分には、一番汎用性があるタックルです。

警備隊報告

専務、経理(オイラ事)共に 釣果:0

所感

ちょっと寒くなっただけで激ムズびん沼

今年はもう行かない!!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする