曲がらない、やさしい、初心者におすすめ!オイラのドライバーをインプレしてみた!

どうも、
ドン次郎です。

オイラ、滅多にゴルフクラブを買い替えたりはしないんですよね。

現在、ゴルフバックに入れているクラブは古い物ばかり。

まぁ、本音を言うと新しいのが欲しいのですが買えないのです(泣)
お小遣い制パパの悲しい所でもあります。

今回紹介するのは、2016年発売
ナイキ ヴェイパーフライ ドライバー

ナイキのヴェイパーシリーズ二代目にあたる機種ですね。

2016年と言えば、ナイキがゴルフクラブ部門から撤退し、アパレル部門に注力すると発表した年ですね。

ナイキが最後に発売したドライバーが、今回インプレするヴェイパーだった気がします。
*間違えていたらごめんなさい。

今回は、このドライバーを、ドン次郎の独断と偏見で勝手にインプレしてみようと思います。

よろしければ、お付き合い下さい。

フォルトブルーがかっこいい!

2016年ナイキのテーマカラーだったのが、この「フォルトブルー」

綺麗な色ですよね。

この鮮やかな青を基調としたドライバーは、ヴェイパー以外見た事がありません。

派手です(笑)オイラ、派手好きです。

このドライバーを初めて見たとき、「派手だなぁー!かっこいいなぁ~!欲しいなぁ~!」

となったのを覚えています。

しかし、少し派手すぎやしねーか!?と思い、当時、青色についていろいろ調べた所、集中力を高め、興奮を抑える効果がある!との記載を見つけ、

「ゴルフ向きじゃん!」

と買う気まんまんになった覚えがあります。

又、見た目がオイラ好みだっただけではなく、機能も抜群に優秀なドライバーだったんです、このドライバー。

抜群に構えやすく、曲がる気がしません!

まず、構えた時の安心感が違いました。

460CCと大きめなのに、それを感じさせないスマートでクセのないヘッド。

本当に構えやすいです。

「まっすぐ飛びそうだな!」

と感じさせてくれる形なんです。

いいイメージでアドレスができれば、素直にクラブを振る事ができます。

よって、ミスが減るという事ですね。

クラブを信じれるって、かなり重要な事だと感じます。

左右OBか、、嫌だな、、と思うか、

左右OBか、このドライバー曲がらないから余裕だな!普段通りにスイングしよ!

とでは、結果が明らかなんですよね。

いいイメージで、アドレスに入るって大事なんです。

ミスは、ドライバーがカバーしてくれます!

新しいドライバーを買おうと決意したきっかけというのが、ドライバーで打つ球が左右に散らばるようになってしまったからなんです。

社会人となりトレーニングなど全くしていなかったので、当然の如く全身の筋力も落ちてます。

すると、現役の頃にはできていた、あたりまえの事(例えば、左足に壁を作るとか、スウェーしないとか)が自然にはできなくなってしまってたんですね。

意識はするのですが、だんだん疲れてくると、インパクトでフェース面が少し被ったり、開いたりしてしまってました。

踏ん張りが効かないんですよ、いいおっさんになったから。

そこを、カバーしてくれる訳です!このドライバー。

コバートキャビティバックテクノロジーという、簡単に言えば、多少スイングプレーンがずれてもドライバーがカバーしちゃいますよ!というシステム。

凄いですよ、コレ!

ラウンド後半のティーショットなんかは本当に助けてもらってます。

スイング途中に、あっ、コレやばいかもと思う時ってありませんか?

そんな時も、大怪我にならないんですよね。

近年のテクノロジーは凄いです。

また、スイートスポットが広く設計されている恩恵もあると思います。

ヘッドアップしてしまって、多少トゥー気味にボールを叩いてしまっても、しっかり高弾道で飛んで行きますからね。

改めて、近年のテクノロジーは凄いです。

曲がらないのに普通に飛びます!

ハイパーフライトフェイスとコンプレッションチャネル技術により跳ぶんです!

と言ってもなんの事かさっぱり分かないですよね(笑)

オイラも全然分からない(笑)

簡単に言えば、「球に伝える力を最大限に引き出して、スピンの量も自動で最適な回転にしてあげますよ!」

ということだと思います。

確かに、高い弾道で飛んで行ったボールの割にはランが出ますね。

ちゃんと転がるって事です。

一般的に高い弾道にで飛んだ球は転がらないんですよね。

しかし、不思議ときちんとランが出ます。

さすが、コンプレッションチャネル技術やで!

しかし、正直な所、飛距離に関しては依然のクラブとあまり変わらないと言ったところです(笑)

ロフト角を少しマイナスにすればもう少し飛びそうな感じですが、オイラのゴルフは、飛距離より正確性に重きを置いているゴルフなのでいじらないです。めんどくさいし(笑)

フレックスロフト2.0が楽しい!

ロフト角とフェイス角を自分で調整できる機能ですね。

高い弾道で飛んでいかねーなぁーと思ったら、ロフト角を少し高くてみるとか、スライスに悩んでいるのであれば、フェイス角をクローズに調整をしてみるとかを、自分でカスタマイズできる機能です。

ロフト角は8.5度~12.5度の間で1度刻みで、5段階の調整が可能です。

フェイス角はオープンとクローズの1.5度単位3段階の調整が可能となってますね。

オイラは、ドライバーの基本性能が優れているので、一般的なロフト角10.5度、フェイス角はフラットにしてます。

非常に快適ですよ。

さて、いかかでしたでしょうか!?

ゴルフクラブインプレ

少々、古いドライバーであることはご了承下さいね。

だって、買えねぇーんだもん、なかなか(笑)

それに、かなり気に入ってますからねこのドライバー!

しばらくの間は買い替えるつもりもありません。

初心者~中級者の方にお勧めです。

中古だともうかなり安いのではないでしょうか?見つけたら是非試打してみて下さい!なかなかですよぉ~

それでは、次回

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする