悶絶の時期到来か!?ホームへ釣りに行ってきた!

どうも

ドン次郎です。

ホーム(通称、サンリオ)へ釣行してきました。

いやぁ~本当に寒くなりました!!

ブラックバス釣りも厳しい時期の到来。

これからのホーム釣行は、悶絶期間です。

悶絶道場です。

よろしければ、今回の悶絶道場記お付き合い下さい。

意気揚々と出発したものの、、

2018年12月16日(日)

フィールド:荒川下流域(ホームサンリオ)

潮:中潮

12時30分頃、満潮。

その後は揺るやらかに下げ。

気温:10~11度

水温:専務調べで14度。干潮時、12度

タックルデータ

ロッド:ダイワ クロノス 662LS

リール:14カルディア2004

ライン:フロロカーボン4lb

小さいバイトでも、あたりが取りやすいスピニングタックルで出現。

ダイワタックルです。

結構お気に入りです。

朝からサンリオ警備隊達のグループラインが活発。

社長以外(社長は仕事の様子)は警備する予定との事。

オイラも朝飯食って、タックルの用意ができたら行く事とします。

10時過ぎ、ホーム到着。

さみぃ~~!

けど、釣る気はマンマンです!

既に、専務と新人警備員は到着して、釣りをしていた様子。

新人警備員情報

最近、専務が誘って仲間入りしたおじさん。

完全に我が道を行くタイプ。

オープンウォーターでの釣りが得意。

いつの間にか、しれっと魚を釣り上げてしまう釣り上手おじさん。

遠征釣行の際は、社長をも超える行動的を発揮。

驚異的な体力を持ったフィーシャーマン。

それぞれ、別ポイントで粘っている様子。

オイラも安定の橋脚付近をくまなくチェック。

うーん、反応全くなし。

魚っけも全く感じられません、、、。

ほどなくして、新人警備が帰宅するとの事で挨拶。

入れ替わりで広報(ダイワハイエンドジジイ)登場。

専務と広報が打っている、水門近くのポイントへオイラも移動。

スモラバをキャスト。

全く反応なし。

釣りうまな専務、広報も全く反応がないとの事。

「きびしいっすねぇ~」と話しながらも、あきらめずに水門前を打ち続けます。

けど、反応なし。

ストレッチに移動。

移動途中、警備隊の「先生」登場。

警備隊:先生情報

先生と呼ばれるだけあり、ホームに通う中で、一番バスを釣り上げている男。

それもそのはず、元トーナメンター。

オイラ達とは次元が違います。

誰も釣れない中、「釣れちゃった!」

と一人爆釣している様子は、警備隊の誰もが目撃しているところ。

フィネスが得意。

ソリッドティップのスピニングロッドは先生のシンボルマーク。

先生もストレッチを打つ様子。

オイラは対岸へ。

反応全くなし!

な~んもねっ!

後ほど状況を確認すると、先生は小さなワンバイトがあったとの事。

流石です。

小さいバイトなんてわからねーっす!

オイラでは、、、

寒すぎて限界な為、専務を強引に誘って昼休憩へ。

厳寒期の楽しみ

もう耐えられん!

と、坂の下にある中華へ直行!

冬はあったかいラーメン屋が最高です!

これの為にわざわざ寒い中、ホームへ通っているのかも(笑)

冷え切った身体に染み渡ります。

旨すぎです!

休憩後も、水門周り、ストレッチ、橋脚付近を打ちまくりました。

しかし、な~んもねっ!

本当にな~んもねっ!

撃沈です、、

ホーム釣行まとめ

冬の釣りって、そこにバスがいるかどうかを信じる事ができるかどうかの釣りのような気がします。

そこにブラックバスがいる事を信じて、集中力をどれだけ切らさないかの勝負。

ホーム釣行記は、これから悶絶期間に入りますが、釣行した際は必ず投稿しようと思います。

誰得でもないカテにはいりそうな気もしますが(笑)釣行記カテに投稿しようと思います。

それでは、

次回の悶絶期で(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 川口情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする